メイクアッププロダクト、うまく使えてる???

風邪引いたんだけど😢

つらいわ~、熱はあるみたいだけど計ったらなおさら悪くなりそうで

拒否ってるわよ。。。

今日はおとなしく寝るわ~。

ところで、皆さん!

メイクアップルーティン、いかが?

今って、ほんっとたくさんのプロダクトが出回ってるわよね?

お金が幾らあっても足りないわってくらい。

メイクアップって、割と間違った使い方してる人多いのよ。

きちんと使えば素敵な外観になるのにもったいないわ~って人、結構いるのよ。

良いお化粧品使ってるそこのあなた、もったいないわよ!

今日は僕のお勧め、コスメティックを正しく使用するステップバイステップをポストするのよ!

風邪でだるいけど、行くわよ~✊

1: ブロンザー

ct FILMSTAR BRONZE & GLOW

ブロンザーやカントゥアプロダクトって、ものすごい勢いで増えたわよね。

ブロンザーって、ボディだと胸の辺りから耳の後ろの辺りも使えるのよ。

コレクションやシューティングではよく使用されてる。

キーは、ブレンディング!

フェイスに使用する場合は、こめかみから始まってチークボーンにかけて

よーーーーくブレンディングするのよ☝

後はお鼻のサイド、下あごね、あくまでも自然によ!

付けてる感満載にしたらあんた、パンクロッカーみたいになるわよ🖖

そしてブロンザーはアイメイクにも使えるから便利!

メイクアップポーチには入れときなさいよ。

僕みたいに何かの間違いでワンナイトなんかあっちゃった際にも、

ブロンザーさえあれば軽いメイクはできるんだからっ

お勧めは、“Charlotte Tilbury”のパレット、僕これ何万回お勧めしたかしら???

2: ブラッシュ

Untitled1664 Untitled165

ブラッシュテクニックは、それぞれの顔の形によって違うのね。

楕円形のラインの方、あんたラッキーねー! どんなブラッシュでも美しくワークするわよ。

面長ラインの方は円形のブラシで丸みのあるブラッシュラインを作ってブレンディングして。そうすることによってフェイスラインがすこし横に広がってバランスが取れるわ。

四角よりのラインの方、ヘアラインの辺りからチークボーンにかけてブレンディングよ!

アーク効果を作ってクールな外観が作れるわ💁🏻

丸みのあるラインの方、頬のくぼみの真上にチークパウダーをのせて口の辺りに向かって

ブレンディングよ~!

OK?

ブラッシュのお勧めはいろいろあるけど、パウダーはシャネルNARS

クリームはKjaer WeisLa Prairie

By terry や Kevyn Aucoin,Edward Bess などすばらしい

ブラッシュプロダクトはたくさんあるわよ。

3: アイライナー

                               Untitled166

tf EYE DEFINING PEN

ウィングのあるアイラインを作ることによって、美しいアイメイクが出来るけど、

割と難しいのよね。

まぶたの上に引くのは簡単なんだけど、勝負はウィングがうまく出来るかどうかにかかってるわっ。

うまく出来ない方は、アイのロウワーラインから自分が作りたい角度に向かってセロハンテープをつけて。

テープに沿ってラインを引いたら、美しいアイメイクが完成するわよ!

お勧めは、ペンシルだとNARSDior

ペンタイプだとTOM FORD

4: コンシーラー

Untitled169 

Untitled168

お肌の欠陥を隠す重要なコンシーラー。

使い方間違ってる人、割といるのよ~。

コンシーラーはファンデーションの前につけること。

目のしたのクマを隠したい方は、ハイライターエリア全体にコンシーラーを使ってね。

後は、お鼻、額、リップ上と顎、いわゆるフェイスのセンターラインね。

ここにコンシーラーを適用することによってフェイスバランスがある程度整うわね。

後は、ブレンディングよ。

コンシーラーと言えばYSLね、By terryもすばらしいのよ~。

知ってる? 

YSLのコンシーラー”Touche Eclat”を開発した方が、”By terry”の創設者なのよ。

とにかくブレンディングが大事。

この記事をシェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です